華やかでスパイシーな「シンガニ モスコミュール」

華やかでスパイシーな「シンガニ ミュール」

シンガニならではの香り高いミュールカクテル

今回は、「シンガニ ミュール」をご紹介します。ミュールカクテルといえばウオッカベースのモスコミュールですが、ベースをシンガニに代えることで、普通のモスコミュールにはないマスカットの華やかな香りが楽しめます。ジンジャーの刺激的な味わいとやわらかなシンガニの味わいが意外にも好相性なので、ぜひ一度試してみてください。

[レシピ]
  • シンガニ「ロス パラレス」 45ml
  • ライムジュース 15ml
  • ジンジャーエール 適量
  • ライム 1/4カット
[つくり方]
  1. ライムを絞ります。
  2. 氷を入れます。
  3. シンガニ「ロス パラレス」を45ml注ぎます。
  4. ライムジュースを15ml注ぎます。
  5. ジンジャーエールを注ぎます。
  6. 軽く混ぜます。
  7. 最初に絞ったライムを添えます。

関連記事

  1. Bright Light(LIQUID FACTORY 齋藤 恵太 氏考案)

  2. Bolivian Mojito(SPIRITS BAR Sunface SHINJUKU 江刺 幸治 氏考案)

  3. Spectacular View −壮大な景色−(上屋敷 泰輝 さん/bar松毬)

  4. Viento boliviano(大塚 由仁 さん/Bar Private Pod)

  5. シンガニほうじ茶サワー(倉澤 和男 さん/dunhill bar)

  6. Aroma Boliviano(前野 杜周 さん/BAR すがはら 渋谷別館)

  7. Borderless 75(藤原 仁志 さん/コードネーム ミクソロジー赤坂店)

  8. 葡道 –ブドウ-(竹田 英和 さん/Bar 霞町 嵐)

  9. Share Dream(有光 伸哲 さん/BAR Tovarisch)