華やかでスパイシーな「シンガニ モスコミュール」

華やかでスパイシーな「シンガニ ミュール」

シンガニならではの香り高いミュールカクテル

今回は、「シンガニ ミュール」をご紹介します。ミュールカクテルといえばウオッカベースのモスコミュールですが、ベースをシンガニに代えることで、普通のモスコミュールにはないマスカットの華やかな香りが楽しめます。ジンジャーの刺激的な味わいとやわらかなシンガニの味わいが意外にも好相性なので、ぜひ一度試してみてください。

[レシピ]
  • シンガニ「ロス パラレス」 45ml
  • ライムジュース 15ml
  • ジンジャーエール 適量
  • ライム 1/4カット
[つくり方]
  1. ライムを絞ります。
  2. 氷を入れます。
  3. シンガニ「ロス パラレス」を45ml注ぎます。
  4. ライムジュースを15ml注ぎます。
  5. ジンジャーエールを注ぎます。
  6. 軽く混ぜます。
  7. 最初に絞ったライムを添えます。

関連記事

  1. Bright Light(LIQUID FACTORY 齋藤 恵太 氏考案)

  2. La Union(白石 英和 さん/撮影場所:新宿ウヰスキーサロン)

  3. Grapes pop(新宿ウヰスキーサロン 静谷 和典 氏考案)

  4. ボリビアで愛されるシンガニカクテル「チュフライ」

  5. Border(伊藤 広光 さん/Cocktail Bar Raven)

  6. De La Paz(白井 健太 さん/Cocktail Bar Raven)

  7. Borderless 75(藤原 仁志 さん/コードネーム ミクソロジー赤坂店)

  8. Bolivian Mojito(SPIRITS BAR Sunface SHINJUKU 江刺 幸治 氏考案)

  9. 鼻先にマスカット香がふわりと弾ける「シンガニ トニック」