Laguna Colorada(廣瀬 剛 さん/bar LEM)

幻想的で艶やかな赤褐色の湖・ラグナ・コロラダ。フラミンゴ群が織り成す鮮やかな薄紅と深紅の色彩を表現

幻想的で艶やかな赤褐色の湖、そこに舞い降りるフラミンゴ群が織り成す鮮やかな薄紅と深紅の色彩を表現しました。その湖の光景を華やかなガリアーノとリレブランを使って味としてイメージし、フラミンゴの可愛らしい出で立ちとシュッとした立ち居振舞いを、お酒の甘みとクランベリーの酸が共存するカクテルとして創作いたしました。ハーフスノースタイルは硼砂の堆積によって湖面に描かれる美しい白い島の模様をイメージしました。湖、硼砂、フラミンゴが織り成す色彩をイメージしたカクテルです。シンガニの持つマスカット由来のポテンシャルが活きるよう、香りで相性の良いリレブランやクランベリージュースを合わせ、ガリアーノのほどよいハーブやバニラの余韻がそれらを包み込み心地よいバランスで支えあっています。本物のラグナ・コロラダの光景に負けず劣らずの美しい味のハーモニーをお楽しみください。

Laguna Colorada

  • シンガニ ロス パラレス/30ml
  • ガリアーノ/10ml
  • クランベリージュース/15ml
  • リレ ブラン/5ml
  • 塩(リムド用)

カクテルグラスをハーフスノースタイルにする。ミキシンググラスに氷を詰めてリレブランでリンス。シンガニ、ガリアーノ、クランベリージュース、リレブランを順番に入れて素早くステアしてカクテルグラスに注ぐ。

【ポイント】

シェイクではなく敢えてステアにすることにより、シンガニの持つ心地よいマスカット由来の香りや甘味を軽やかな余韻でお客様に届けるのではなく、より長く重厚な余韻として口の中に留まるようにしました。

廣瀬 剛さん

麻布十番のbar LEMで約3年間、バーテンダーの道を歩み始めました。その後、お客様の薦めで六本木のバーに移って約3年間メインバーテンダーとして勤務。現在は渋谷のバーで働きはじめて1年3か月となりました。が、コロナウイルスの影響でまだお店に出勤できないため、しばらくは古巣の麻布十番bar LEMに所属して勤務しております。

関連記事

  1. Aroma Boliviano(前野 杜周 さん/BAR すがはら 渋谷別館)

  2. La Union(白石 英和 さん/撮影場所:新宿ウヰスキーサロン)

  3. Dom Gracia(宮地 信吾 さん/コンラッド東京 バー&ラウンジ トゥエンティエイト)

  4. Borderless 75(藤原 仁志 さん/コードネーム ミクソロジー赤坂店)

  5. 圧倒的な香りと余韻の長さは、ベースにも副材料にもなる

  6. 鼻先にマスカット香がふわりと弾ける「シンガニ トニック」

  7. resuscitation〜再興〜(宇佐美 岳史 さん/Bar Rumbullion)

  8. 「シンガニ」の美味しさを 一人でも多くの人に届けたい

  9. Espejo del cielo(小倉 友翔さん/BAR LIVET)