ボリビアで愛されるシンガニカクテル「チュフライ」

ボリビアで愛されるシンガニカクテル「チュフライ」

シンガニと炭酸飲料を合わせたボリビアの簡単カクテル

シンガニとはマスカット・オブ・アレキサンドリアを原料としたお酒で、華やかでフルーティーな香りが特徴です。このシンガニを使ったボリビア生まれのカクテルが「チュフライ」。炭酸飲料で割り、ライムを添えた爽やかな味わいが地元民にも愛されています。

アンデス山脈鉄道が「チュフライ」誕生のカギ?

チュフライ誕生の起源は19世紀初頭にアンデス山脈に鉄道をひくためにやってきたアメリカとイギリスの技術者にあると考えられています。当時、ジンをジンジャーエールで割ったジンバックが技術者たちの定番でしたが、ジンの代用にシンガニを使ったところ、その華やかなで爽やかな甘さが人気を呼び一躍人気カクテルとなりました。今ではジンジャーエールではなく、セブンアップやスプライトなどの炭酸飲料で割るのが定番となっています。

[レシピ]
  • シンガニ「ロス パラレス」 45ml
  • スプライト(炭酸飲料) 適量
  • ライムスライス 1枚
[つくり方]
  1. . 氷を入れます。
  2. シンガニ「ロス パラレス」を45ml注ぎます。
  3. 氷に当たらないようスプライトを注ぎます。
  4. 軽くかき混ぜます。
  5. ライムスライスを添えます。

関連記事

  1. Mas Singani(BAR GOYA 山﨑 剛 氏考案)

  2. Viento boliviano(大塚 由仁 さん/Bar Private Pod)

  3. 葡道 –ブドウ-(竹田 英和 さん/Bar 霞町 嵐)

  4. Noche luna 〜ノーチェ ルナ〜(鈴木 翔人 さん/XEX TOKYO/The BAR&Café)

  5. Grapes pop(新宿ウヰスキーサロン 静谷 和典 氏考案)

  6. Espejo del cielo(小倉 友翔さん/BAR LIVET)

  7. Border(伊藤 広光 さん/Cocktail Bar Raven)

  8. 圧倒的な香りと余韻の長さは、ベースにも副材料にもなる

  9. 鼻先にマスカット香がふわりと弾ける「シンガニ トニック」